レーダー探知機 センサー

レーダー探知機のセンサーって何?

 

レーダー探知機のセンサーとは、主にGPSの受信が出来ない場面で使用することで位置情報のずれを補正する目的で付いています。
例えばトンネル内にオービスが付いている場合には非常に有効な機能です。

 

ではどのような種類があるか紹介します。

 

ユピテルyupiteruGWR83sd

ジャイロセンサー
トンネル中や山の中で自車の位置情報がGPSから取れない場合に、車の進んでいる方向や角度を検地することが出来るセンサーで、GPSが無くても自社の位置を正確に特定することが可能なセンサー

 

 

 

ユピテルyupiteruGWR83sd

加速度(G)センサー
ジャイロセンサーと同じくトンネルなどの電波の届かない場所で車の速度変化を検地するセンサーで、車両が走っていたスピードからの加速原則の変化を読み取り、自車の場所の情報精度を上げる機能

 

 

 

ユピテルyupiteruGWR83sd

気圧センサー
車両の高低差を感知するセンサーで、レーダー探知機ですと主に高速道路を走っているのか、一般道を走っているのかの判断に使っています。
精度も高く以外に便利な機能

 

照明センサー
外の明るさを検地するセンサーで明るさの変化に合わせて
                画面の照度を変え画面を見やすくします。

 

 

現在のレーダー探知機には大体ジャイロセンサーや、加速度(G)センサーは付いています。
よってレーダー探知機購入時には
・気圧センサー
・照明センサー
が付いているかが選定のポイントになりますね。

 

検討中の方は一度注目してみてください。

 

ユピテルyupiteruGWR83sd