最新レーダー探知機 ランキング ユピテル コムテック

OBDとは何か 特徴・利点等

レーダー探知機,ユピテル,gwr93sd

 

OBDとは自動車に搭載されているコンピュータが行う
自己故障の診断の事をいい、
『On−boarddiagnostics』の略称です。

 

 

OBDが故障診断した場合は一般的に、
故障内容や箇所をブザー音や
ランプの点灯(または点滅)でドライバーに知らせます。

 

 

その際、内容に応じたコードを記録するようになっています。

 

 

OBDは技術の進化と更なる機能追加により、
1996年にアメリカで新しい世代のものが開発されました。

 

 

その名も「OBDU」

 

飛騨牛,希少部位,切り落とし,カレー,牛丼

 

レーダー探知機などを専用のケーブルで
「OBDUコネクタ」に接続すれば、
走行中の燃費やブースト圧、水温などを
画面上に表示し、確認することも可能です。

 

 

OBDUは2001年から法律により、
ガソリン車への対応が義務づけられており、
2004年以降はディーゼル車も対象になっています。

 

 

OBDに記録されたコードは専用端末などを
用いてチェックすることができ、自動車整備の時などに
その内容を解析することが可能となっています。

 

 

レーダー探知機を選ぶ際、OBDU接続による
車両情報項目数が多い方が断然使い勝手が良いです。

 

 

知りたい・欲しい情報をほぼ確実に得ることができます。

 

 

レーダー探知機で有名なユピテル、コムテックの2社を比較してみると、

 

レーダー探知機,ユピテル,gwr93sd

ユピテルは最新の機種『GWR93sd』で
170項目以上と圧倒的でより正確な車両情報を
把握することが可能です。

 

 

少し前の機種でも130項目以上と充実しています。

 

 

コムテックは新しい機種でも132項目と
OBD表示可能情報数に関しては
ユピテルに差を付けられていますね。

 

 

このOBD車両情報項目数は新しいモデルが出るたびに
増えていくので今後も注目ですね。

 

 

レーダー探知機売れ筋ランキングはこちら

また当サイトでのレーダー探知機売り上げランキングも作成していますので、
参考にしてみてくださいね。

 

レーダー探知機ランキング,ユピテル,コムテック,セルスター